ヒアルロン酸 注射

ヒアルロン酸注射の丸わかりガイド

ヒアルロン酸注射に関して、「芸能人」「種類」「値段」「痛み」「副作用」といった、さまざまな視点からその是非を見ていくことにしました。

芸能人にも人気のヒアルロン酸溶解注射

ヒアルロン酸溶解液注射によるプチ整形は、数時間で処置が終わる、周りの人に気づかれにくい等、気軽に受けることができる整形術として芸能人からも高い評価を得ています。 溶解液は注入後、半年~2年で自然と体内に注入されアレルギー反応などがほとんどなく安全性が高い施術と言われています。 また、価格もメスを使用する整形と比べても比較的リーズナブルな価格で受けることができ一定の成果が必ず得られる面も評価が高い要因です。

ヒアルロン酸注射してご満悦の女性

ヒアルロン酸溶解液注射の人気の施術部位

ヒアルロン酸はもともと体の中に存在する成分ですので、体の至る所に打つことができますが、「美容整形」として顔などに注入する際の人気部位は、 ほうれい線、目じり、口元、眉間があげられます。施術を受けられる方の大半は「シワとり・ハリアップ」などを目的とされています。 その他、形を整える効果を期待して注入する際は、鼻筋、あご、頬などが人気です。また、唇や涙袋など女性らしさをアップさせる箇所への注入される方も多くいます。

骨格を削る、メスを入れるなど、もともとの形を根本的に変えてしまう整形とは違い、ヒアルロン酸溶解液を注入することでボリュームをつけてお好みの形に変化させるため、 安全性が高い整形で、年齢や性別問わず幅広い方が施術を受けられています。

ヒアルロン酸溶解液注射にかかる費用

芸能人にも人気のプチ整形術といわれると、高額な料金をイメージする方も多くいますが、メスを使った整形のように何百万と高額な費用はかかりません。 ヒアルロン酸は1本○○円といった表示がなされ、一般的に1本4~6万円前後です。 ですので、料金は何本使用したかということになりますが、20代の女性がほうれい線に注入する際、ほとんどの場合1本で十分に足りますので、 費用は4~6万円前後ということになります。同じ部位でも、例えば60歳の方が施術を受けた場合、費用が12~24万円前後が目安です。 違いは、シワの深さや注入部位の範囲によるものです。

ヒアルロン酸注射の種類

ヒアルロン酸は、人間の体の中で生成される成分で肌のハリや潤いに欠かせない保湿、保水効果に優れた成分です。 しかし、加齢と共に生成機能は低下し放っておくと肌の老化現象を加速させます。

プチ整形にも使われるヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は高い保湿力、水分保有力をもつ有能な美肌成分ですが、大きな欠点として分子量が大きく肌に浸透しにくいという特徴があり、 化粧水や美容液など肌の外側から補給方法は非効率といわれてきました。 しかし、現在では低分子化の開発も進み、美容液など肌の外側からでも真皮部分にまで浸透するものも出てきました。

肌の内側に届ける方法として最も効果的で確実な方法として「注射」があります。ヒアルロン酸注射は、プチ整形の一つでもあり、ほうれい線や額のしわ、 顔全体の小じわを消す方法として人気があります。

ヒアルロン酸注射の種類

ヒアルロン酸注射にはいくつかの種類があり、注入する箇所や量、肌の質によって違います。有名なものは、ヒアルロン酸の他に、アミノ酸やミネラル、 ビタミンなどその他、美肌を保つために必要な成分も配合されているリデンシティーシリーズ、 専用の注入機を使用することで一度に広範囲に注入できるレスチレン・ヴィタールライト、100%動物由来のヒアルロン酸が主成分のテオシアルシリーズ、 特徴的な分子構造で持続性が約2倍といわれるリバネッセシリーズなど人気があります。

選ぶ際のポイントは、成分はもちろん、分子の硬さや、麻酔が含まれているか否かをみると良いでしょう。硬さは、注入する場所によって選びます。 眉間やほうれい線には硬いものが適しますし、目じりなど皮膚が薄くふんわりとした印象を持たせたい箇所には柔らかいタイプのものが適しています。 麻酔が含まれているか否かについては、現在ではハリを指す痛みを緩和させる麻酔が入っているものが主流になっていますが、 比較的安価なものには麻酔が配合されていないものもありますので注意しましょう。

ヒアルロン酸注射の値段の目安

ヒアルロン酸注入によるプチ整形は、とても簡単で安全に顔のコンプレックスを解消できる方法として年齢性別を問わず幅広い年齢層の方に人気です。 そこで、ヒアルロン酸注射の値段がどのくらいか、調べてみましょう。

ヒアルロン酸注射の値段の詳細

ヒアルロン酸注射は肌の内側に注入することによって、ほうれい線や眉間のシワ、目じり口元のシワなど深く刻まれたシワやたるみによるシワを消したり、 鼻を高くしたり、あごを出すのに使用されます。値段は当然、量によって大きく違いがありますが、その他に「種類」と「技術料」が値段に影響があります。

ヒアルロン酸注射といっても種類は豊富で注入する場所によって異なります。ですので、注入する場所が決まっていれば種類はおのずと決まってしまう場合が多く、 自身で選ぶケースは少ないといえます。技術料に関しては、施術を受ける機関によって大きく差があります。注入する量や場所、加減によって顔の印象は大きく変わります。 また、注入する量が足りない分に関しては問題ありませんが、入れ過ぎると支障がでるなど、施術には技術が必要です。 他と比べて安価だからという理由で施術を受ける機関を決めるのは危険な行為です。

値段の目安は「1本4~6万円」

ヒアルロン酸注射は一般的に「1本-○○円」という表示となっています。種類によって1本の価格が設定されており、 どのヒアルロン酸を何本使ったかによって値段が異なってきます。

例えば、見た目年齢を大きく左右するほうれい線を薄くする費用は、4万円~30万円と言われており、金額の差は年齢が大きく影響します。 個人差はありますが、しわの深さによって使用するヒアルロン酸の量が左右され、20代30代は1本~2本、40代~60代は2本~4本が目安となります。 その他、鼻を高くする、涙袋を作るなど年齢に差があっても、注入する量にあまり差がない部位は、年齢を問わずほとんどの場合1本で済みますので、 値段は4~6万円が目安となります。