ヒアルロン酸 注射 副作用

ヒアルロン酸注射の丸わかりガイド

ヒアルロン酸注射に関して、「芸能人」「種類」「値段」「痛み」「副作用」といった、さまざまな視点からその是非を見ていくことにしました。

注入前に知っておきたいヒアルロン酸注射の副作用

一般的な美容方法となりつつある専用の注射器を使ってのヒアルロン酸注入ですが、施術後の合併症など副作用についての情報が錯綜していることが気になります。 多くの方が受けられているヒアルロン酸注入ですが、副作用の可能性については施術前にしっかりと確認しておかなければいけません。

知っておきたいヒアルロン酸注入の副作用

ヒアルロン酸はもともと人間の体の中に存在する成分とはいえ、 皮膚にハリを指してヒアルロン酸溶解液と呼ばれる液体を注入するのですから合併症の可能性がゼロというわけではありません。 しかし、後日処置が必要となる合併症が生じるのはごく稀なケースです。副作用はいくつか考えられますが、注入の際、注入後の痛み、内出血は副作用ではない場合もあります。

良くあげられるのは、「内出血・腫れ」です。注入の際に血管を傷つけてしまう可能性があります。この場合、内出血が起こりひどい場合は腫れが出てしまいます。 1週間ほどで目立たなくなります。続いて多いのは、「しこり」です。ヒアルロン酸は時間がたてば体内に吸収されますが、吸収されずに残ってしまう場合があります。 無害ですので、目立たない、気にならないという方はそのままにされますが、気になる方はしこりを溶かす処置を受けられます。しこりはごくまれに腫れや膿がたまる場合もあります。

最も重大なのは「血流障害」です。症状は、注入後の激しい痛みや皮膚の変色、水泡で、症状が現れたらすぐ施術を受けた機関へ相談してください。

副作用が出た場合の対処方法

施術前のカウンセリングでは、副作用についての可能性や対処方法などについてのお話も必ずあります。 ない場合は、信用性にかけますので施術自体を考え直された方が無難です。

また異変が出た場合の対処方法について、痛みを伴わない内出血や腫れ、しこりは、患部を冷やしたり指圧のマッサージでなじませるなど自宅でもケアが可能です。 「血流障害」は激しい痛みを伴うことが多い為、自宅でのケアは難しくできるだけ早く医師へ相談しましょう。