ヒアルロン酸 注射 痛み

ヒアルロン酸注射の丸わかりガイド

ヒアルロン酸注射に関して、「芸能人」「種類」「値段」「痛み」「副作用」といった、さまざまな視点からその是非を見ていくことにしました。

ヒアルロン酸注射時の痛み

美容整形という分野が身近な存在になりつつある現在、ヒアルロン酸をシワやたるみが気になる箇所に注射で注入するプチ整形も大変人気です。 特に人気がある箇所は、眉間やほうれい線など口周り、目元などで、皮膚が大変薄い部分にハリを指す為、痛みや出血、赤みなどを心配される声も多くあります。 初めてヒアルロン酸の注射を希望される方が必ずといってよいほど気になる、ハリを指す際の痛さや施術時間について調べてみましょう。

痛みを考え憂鬱になる女性

注入時の痛み

ヒアルロン酸は分子が大きいため、以前は注入の際に多少の痛みがありましたが、現在では低分子化の開発が進み注入の際の痛みは軽減されています。 また、注入するヒアルロン酸事態に麻酔が混ざったものや、ハリを指す前に肌に麻酔クリームを使用するなど痛みに対する対策もたくさんあります。 それでも痛みが気になるという方に対しては、部分麻酔を施すクリニックなども多くあります。 また、施術に使用されるハリは、ハリを指した痕がほとんど分からないほど極細のものや先が丸い鈍針と呼ばれる痛みを大幅に軽減できるハリが使われています。

麻酔などヒアルロン酸以外の成分を肌に注入されることに抵抗がある方は、麻酔クリームなどを選択されますが、 麻酔の役割は痛みをとるだけでなく、安全な施術と不安の軽減の役割も持っています。

施術にかかる時間と効果の持続する期間

ヒアルロン酸の注入にかかる時間は注入する範囲にもよりますが、ほとんどの場合5~30分ほどで終了します。 施術前後の準備や待機時間を入れても2~3時間で全ての工程が完了します。長時間施術用のイスに座っているということはありません。

そして、一度施術を受けると3カ月から、長くて2~3年効果が持続しますので、頻繁に施術を受けなければいけないということもありません。 また、ヒアルロン酸注射は肌の老化のスピードを大幅に遅らせることができるのも魅力の一つですので、3カ月経過したからといって施術前の肌に戻るということはありません。